Newsletter Sign Up
Lotus Valley TwitterLotus Valley Twitter
Translation britishflag.jpg Translation thailandflag_xs.jpg

 

“元々1998年にオープンしたが、名称を変え、そして広範囲にわたり改造されたゲリープレイヤー設計のこのコースはタイの中央平野部に現存するコースの中では最も優れたコースの一つである。フラットな環境の中で如何に興味を駆り立て、楽しめるレイアウトにするか ここはコース建造者へのお手本である。素晴らしいコース状況  特に  早く且つ芝目のよみ易いグリーンはここを造った管理者の腕前を証明している。“   -- golfguidethailand.com

 

私達はゲリーレイヤーがデザインしたコースをより良くしました!
ロータスヴァレイ ゴルフリゾートでのラウンドはその度に楽しんで頂けるものと思います。

18.jpg ロータスヴァレイ ゴルフリゾートでのラウンドはちょっとゴルフの歴史を歩んでいるような気がします。ロータスヴァレイの元の設計者は伝説的なゲリープレイヤーに他なりません。ゲリープレイヤーの流儀に忠実で、伝統的なスコットランド風デザインの傾向を残しながら、ロータスヴァレイはフェアウエイの近道やグリーン周りに特徴を持たせています。各ホールとも多かれ少なかれ水が絡んできます。

この準プライベート コース-バンコクの東に位置し、スワナプーム国際空港から丁度50分です-は近代的なゴルフ場建設の手法を用いながら、挑戦性と質のバランスがよくとれています。ゴルフコースは慣例的なアウトとインの2面で最長6,955ヤードのチャンピオンシップコースでパー72です。



各ホールにはそれぞれ異なった攻め方のルートがあり、パー狙いの安全な方向を
 
採るか又はリスクは有るがバーデイチャンスがあるルートを採るかです。 

コースはジョン モロウとターフプロゴルフ社のクレイグ バートラムによって約4年前設計し直されました。それは元のコース ルートを残しながら、バートラムによってグリーン周りが改造され一段と魅力が増しました。

ロータスヴァレイは再オープン後多くの人から激賞の言葉を頂き、バンコクからのプレイヤーの間で人気を頂いております。

ゴルフコースは今も成熟の度合いを増しておりますが、挑戦心を掻き立てる素晴らしい仕上がり具合になっています。目に入る地方の雰囲気はここでのゴルフプレイに楽しみを添えてくれます。

クラブハウスとその施設は一流のものであり、ゴルフコースはどんなレベルの人達にも楽しんで頂けるようになっています。このことはタイ国でゴルフ休暇を取られる方への利点でもあります。

ゴルフコースは長い間定評を頂いている挑戦性とモダンゴルフコースの調整や質といったものが完璧といえるほど良くバランスをとっています。ロータスヴァレイはそうした経験を全てのゴルファーの方々に味わって頂けるようになっており、それこそが贅沢なブテックゴルフと言われる所以です。

スロープ/レーテイング 

テイー      スロープ      レーテイング

黒                                 133           73.1
青         129           71.3
白         124           69.4
赤         129                 71.5


 
 

テイ シーショアー          パスパラム
フェアウエイ         シーショアーパスパラム
グリーン          シーアイル 2000
ラフ            バミューダ 419

コースの距離(ヤード)

 黒テイー   7,015
青テイー   6,527
白テイー   6,147
赤テイー   5,506

芝の空気入れ作業は1年に2回実施しますが、出来るだけ皆様のゴルフの楽しみを阻害しないようにしております。

ロータスヴァレイを1ホールづつ見てみませんか

   もしロータスヴァレイへ直接お見えになれない場合にはオンライン上で1ホールづつ見てみることをお勧めします。その場合にはhttp://www.lotusvalley.co.th/en/golf/holebyhole.html を見て下さい。きっとロータスヴァレイでプレイしたいという欲望が湧き出ることと思います。

起伏のあるフェアウエイ、そしてグリーン周りに戦略的に配置されたバンカー等がホールを狙うのを難しくし、エキサイテイングにして_7190.jpgいます。各々のグリーンの前にある良く整えられたアプローチ地帯はここという時 低いボールで攻めるのに好都合です。       

ロータスヴァレイをジェネラルマネージャーのデイレク シェードのアドヴァイスでプレイしましょう       

どのゴルフコースでプレイするにしても、そのコースについてのしっかりした知識を持った人からのアドバイスを得るのが最善です。その点から言えばロータスヴァレイでプレイするにはジェネラルマネージャーのデイレクシェードから情報が一番確かです。

1. 最初のホールはどう攻めればいいの?                                    上級者にとって最初のホールは,3番ウッドを使って好いポジションにボールを運び、2ndショットはショートアイアンでのアプローチショットになります。グリーンは狭く,後方から前方にかけて強い傾斜があり、またグリーンの左右はバンカーによりガードされています。

 

平均的なゴルフアーは左の池を避けながらドライバーを使いましょう。

 

アプローチショットは小さな水路を越えて狭いグリーンを目指すそこそこ難しいショットになります。もしテイショットがトラブルショットになった時はホールを注意しながらプレイし、水路の手前にボールを運び、-ハザードに強引にチャレンジしたり、ロングアプローチショットを強行しバンカーに入れたりはしないように。

 

. コースでベストなパー5は

18番ホールは長い(599ヤード)パー5で、記憶に残る最終ホールですが、けれど7番ホールはそ              れよりは好いと思われます。テイーグランドから見て右に水の危険があり、左はOBです。グリーンはかなりなスロープになっており、グリーン手前は深いバンカーでガードされています。7番ホールはバックテイーからだと587ヤードありますが、ほとんどの人は青か白の約560ヤードの距離でプレイされます。

3. コースでベストなパー3は?

          ベストパー3といえば8番ホールでしょう。プロテイーからは212ヤード,前(赤)のテイーからだと113ヤードです。どのテイーからのショットも水を横切るしっかりしたショットが必要です。グリーンは左右、中央が水のアイランドグリーンをプレイしているようなものです。

4.       コースで一番骨の折れるホールは?

ロータスヴァレイのハンデイキャップN0.1のホールは6番ホール、437ヤードパー4です。ここまではパー3と、短いパー4のホールが2ホールあり、殆んどのプレイヤーはテイーショットにロングアイアンかフェアウエイウッドを使用されたと思います。だから2番ホールのパー5のロングホール以来このホールが初めてのドライバーによる打ち出しになります。それに加え、フェアーウエイ左の水からの強い風があり、目標区域が狭くなっています。

キャデイのアドバイスを無視したりすると、中央のアプローチエリアから40ヤード位のところにあるバンカーに捉まることになります。 

最初のハーフは長く、大きなグリーンがフェアウエイに向かってスロープしておりますが、後のハーフは僅かばかり奥へ流れており、それに加えホールの位置によってはアプローチショットが難しくなります。6番ホールはよく考えてプレイする必要があるホールで、フロントの9ホールを終える前に遭遇する骨の折れる4ホールの最初のホールです。

5.ロータスヴァレイのシグネチュアホールは? ゲリー プレイヤーのシグネチュアーホールはパー3の3番ホールです。3番ホールは3方を水でガードされており、水から逃れられるはグリーンの左部分のみです。バックテイからだと164ヤードですが、グリーンは一つの島のようになっており、テイーショットは殆んど一年中左への風やアゲインストの風に留意する必要があるでしょう。Golfguidethailand.comからの追加秘訣 

3番ホール158ヤード パー3は大変面白い一連のパー3最初のホールです。ショートではありますが、右や

_7113.jpg前が水で、狭くなったグリーンの両脇にはバンカーがあります。決して易しいパー3ではなく、そこへ打てば何んとかなるといった脱出場所も殆んどありません。

 

グリーンの角度はピンの位置により、プレイヤーから見て右か左に偏っており、ストレートにピン方向を狙ったボールを打たねばなりません。グリーン上はひな段式になっており、傾斜の克服にはよく考える必要があります。

 

10番ホール、328ヤード パー4はロングヒッターは挑戦心をかきたてられるホールです:リスク覚悟でグリーンを狙ってワンオンするか、水に入れるか。左にドッグレックしており、左側にはレイクが続いています。まっすぐなロングドライブを待ち受けるバンカーも中央にあります。ですから果敢に攻めるか,或いは刻むか思案のしどころでしょう。

 

グリーンは薄く且つタフで、ロングホールでなくても一寸後味の悪い,後悔の残るホールになり得るんだということを知らせてくれるのがこのホールです。

 

16番ホール、392ヤード パー4はこれまた左ドッグレックで、左側に水が続くホールです。水を避けて右狙いのショットをすると、うまく配置されたバンカーに捉まることになります。だから、中間地点に達するいいドライブを打つには積極的な思考が必要です。

 

美しいつき山風の庭園がグリーン左の水辺と岸を接し、バンカーも左右にあり、雑なアプローチをすると計略に捉まります。一寸急に止まるショットが必要で、それがあればバーデイを取ることが出来ます。

 

“グリーンは全般的に高くなっているわけではありませんが、プレイヤーから見て奥の方へ傾斜になっている場合はホール下へのピッチングが重要になってきます。-でもよいショットを何回かしているうちに身に付いてきます。パー3のホールですがどのホールもそれぞれ距離が違うので、クラブの番手と、うち方もそれぞれ異なったものになります。パー5のホールには何ホールか2オンが出来そうなホールがあり、その日一日を楽しませてくれます。“ -golfguidethailand.com